中山道<第30日>(十二兼駅)~三留野~妻籠2010年05月29日

妻籠宿
さらしなや裏の木曽川 6:00AM、木曽福島の「旅館さらしなや」で目覚める。
窓の外を木曽川が流れる。
昭和2年築のこの旅館、かつては木曽川べりに月見露天風呂があったのだが、近年の大雨で建物ごと流されてしまったそうだ。
木曽川は現代でも暴れ川であることをやめた訳ではないらしい。

このトンネルをくぐる 木曽福島駅9:04AMの各駅停車に乗って今日のスタート地点十二兼駅へ。
10:00AM、まずは駅前の線路沿いの道を今日進む方向とは反対方向へ歩き始める。
これはきのう、あるはずの踏切がなかったためアクセスできなかった旧道を歩くためだ。
旧道らしくくねった道を歩いてきのう渡れなかったポイントあたりにさしかかろうとした時、道の脇で畑仕事をしていたおじさんが、
「中山道?だったらそこのトンネルをくぐれば向こう側に行けるよ」
と教えてくれた。
するとそこに用水路のためのトンネルがあり、仮設の歩道が付けられている。
そのトンネルをくぐると何ときのう旧道が国道と交差した地点に出て来れた。
きのうは全く気付かなかった。
地図上では踏切にしか見えなかったが、実はこのトンネルをくぐれということだったらしい。

羅天の桟道のあたり 今来た道を引き返して十二兼駅前まで戻り、改めて三留野方面へ歩きだす。
道の右脇はエメラルドグリーンの水面妖しい木曽川だ。
“寝覚の床”を思い出すような方形の奇岩がゴロゴロしている。
やがて国道19号線と合流する。
かつてこの辺りは木曽川の断崖絶壁にへばりつくように歩いた“羅天の桟道”という木曽屈指の難所だったそうだが、現在では国道に設けられた歩道を難なく歩ける。
この歩道は地上よりも川側に張り出しているので、江戸時代であれば空中を歩いているということになる訳だ。
そしてその分木曽川を存分に眺めながら歩くことができる。
かつて上州の松井田宿へ向かう国道を、左前方の妙義山を眺めながら気分良く歩いたことを思い出した。

途中「与川入口」という交差点で左にそれる道が中山道の脇道にあたる与川道で、月の名所で知られる与川集落を通って三留野に至る。
木曽川沿いの難所を避けるために設けられた道らしい。

与川道 その交差点から500m程先で旧中山道は国道19号線から左に分岐して坂を登る。
木曽川ともしばしのお別れだ。
名残を惜しみつつ三留野宿に入る。
すぐに左後方からの急坂を下ってさっきの与川道が合流して来る。
南木曽町ではこの道を中山道整備事業の対象にしたそうだ。
山村の風情あふれるいい道らしいが、残念ながら再びここまでやって来てらそちらを歩く機会は訪れないだろう。

三留野宿 三留野は山の斜面にへばりつくように佇む宿場だ。
坂を登ったかと思うと、眼下の甍の浪の中へ石段で降りてゆく。
民家と民家の間の路地をいくつも通りぬけたところで道を間違って少々時間をロスしながらも宿場のはずれ、南木曽駅から直線距離にして約400m手前で時計を見ると12:10PM。
今日は南木曽駅を2:52PM発の普通列車に乗る予定だったのだが、これなら1本くらい早い列車に乗れるかも知れないと思って時刻表を見ると、10分後の12:20PMに普通列車が出る。
これに乗りたい!って言うか、乗れなかったら南木曽で2時間30分も列車待ちだ。
三留野宿 慌てて駅方面に歩くのだが、駅の入口は中山道の反対側にあり、陸橋を渡って改札を強引に突破した時既に列車はホームに。
そのホームへはさらに陸橋を渡らねばならない。
後続の女房から
「もう、やめよう」
の声が。
駅員さんも
「子供いるんだし無理しない方がいいよ」
こうして僕らは南木曽駅に取り残された。

南木曽駅 無人の待合室でおにぎりを食べながら今日これからの予定を組み直した。
次の妻籠宿までは6km弱。
これからその妻籠まで歩き、バスで南木曽駅に戻って4:00PMのワイドビューしなのに乗る。
これで行こう。
早速帰りの切符を買い、バスの切符売り場で妻籠のバス乗り場の位置を教えてもらう。

上久保の一里塚手前の中山道 1:30PM、妻籠に向かって歩き始める。
旧中山道はいきなり急な坂を登って山の中に入り、風情たっぷりの小集落をいくつも抜けて上久保の一里塚へ。
左右共に残っているのは塩尻を出てすぐの平出一里塚以来ではないだろうか。

その先の旧道もアップダウンを繰り返し、やがて妻籠城跡への道が右に分岐する。
城跡までの距離は300m。
妻籠城址から妻籠宿を望む ちょっと迷ったが寄り道することにした。
山城らしく急な細い上りが続き、途中道の両側の地面を削り落とした堀切を過ぎると二の丸らしい平らなスペースがあり、さらに登ると一気に視界が開けて本丸跡に辿り着いた。
そこにあった説明板によると、ここでは小牧・長久手の戦いの際、豊臣方の木曽義昌の家臣、山村甚兵衛良勝が徳川軍を退けたそうだ。
関が原の戦いの時も軍勢が入ったそうだが、そんなことよりもここからの眺めは素晴らしい。
妻籠宿が一望できる。
バス乗り場も見当がついた。
寄り道して良かった。

妻籠宿 2:45PM、妻籠宿に入る。
奈良井よりも細く、くねった道の両側に昔ながらの日本家屋が建ち並んでいる。
道の細さは奈良井にはなかったミクロコスモス(小宇宙)的な魅力をかもし出している。
そして、土曜日ということもあり観光客であふれている。
これまで静かな宿場ばかりを旅してきた僕らの気分も何となく浮き立って来る。

鈴屋の窓越しに見る妻籠宿 散策は次回ということにして、「御休処 鈴屋」でコーヒーを飲む。
中山道の宿場でコーヒーを飲むのは下諏訪以来だ。
これで後先かまわずの3週連チャン、怒涛の“5月シリーズ”は終わった。
2年間の空白を埋めるかのように歩きに歩いた、娘を背負って。
次に来れるのは秋だろうか。
鈴屋の窓越しに人波絶えない妻籠宿の街並みを眼に焼き付けて、バス乗り場に向かった。