東海道<第26日>藤枝~島田2015年12月29日

女房の兄貴の運転で新東名高速道路を徹夜で走り、これから2泊する藤枝パークインホテルの駐車場に車を停める。

そこから歩いて10分ほどで旧東海道と国道1号線と藤枝駅に向かう通りが交差するややこしい交差点に達する。

今回のスタート地点
ここが今回のスタート地点だ。



10:22AM、今日の東海道歩きを始める。

しばらくは国道1号線の南側を平行して進む。

松並木
所々に松並木の名残が残っている。

旧東海道らしい景観だ。



一旦国道1号線と合流した旧東海道はすぐに東海道本線六合駅を迂回するように北に分岐してまたすぐに合流する。

その合流地点近くの「五味八珍」という浜松餃子で有名な中華レストランチェーンで昼食を取る。

その餃子、外がカリッとしていて中はモチっとしている皮の食感はとてもいいのだが、具自体に味が付いていないのが僕には物足りなかった。



監物川
歩きを再開してすぐ、歩道橋をくぐる時にほんの小さな水路を渡ったが、その水路に「監物川」という名前が付いていた。

歴史的な謂れのありそうな名前なので当たりを見回すと道の反対側に説明板が建っている。

それによると、これは田中城主であった水野監物忠善が大井川の水を引き込む為に造った水路だそうだ。

これに感謝したこの地の農民がこの水路を監物川と呼ぶようになったらしい。



島田宿一里塚跡
監物川から5分ほどで旧東海道は国道1号線から左に分かれ、さらに15分ほど歩くと道路右に島田宿一里塚跡の標柱があって島田宿に入ったことが知れる。

島田宿
無残なまでのシャッター通りだ。

本陣跡
と思いながら歩いていると、本陣跡を取り囲む一角だけが再開発されたかのように洒落た町並みになっていた。



大井川川越遺跡
本陣跡から40分弱で島田宿大井川川越遺跡という一角に達する。

つまりここは旧東海道が大井川に突き当たる地点だ。

社会の発展よりも自家体制の安泰を優先する徳川幕府は西国から江戸に攻め上られるのを警戒して大井川に橋を架けなかった。

そこでここにはこの川を渡るための料金所や川越人足の詰め所などの施設が建ち並ぶことになる。

現在ここには往時の建物が現存していたり復元されたりしている。

大井川川越遺跡
これらが店を開いていて観光客が行き交っていれば往時の賑わった雰囲気が味わえたのかも知れないが、あいにくどこも既に年末年始の休業に入ってしまっていて戸は固く閉ざされている。

従って観光客の姿もなく、12月の西日に伸びる自分たちの影ばかりが目立つうらぶれた通りになってしまっていた。



大井川の河川敷
江戸時代初期に造られた島田大堤という土手を超え、現代のコンクリート堤防の上に立つと広大な河川敷が広がっている。

特に船着場などの遺構を示す物もここからは見当たらないのでこのまま堤の上を北に向かい、大井川公園前というバス停を本日のゴール地点として藤枝のホテルに向かった。

東海道<第27日>島田~金谷2015年12月30日

10:00AM、大井川公園バス停に降り立ち、今日の東海道ウォークを始める。




小心な徳川幕府のせいで誰もが難渋を強いられた大井川を大井川橋で渡る。

大井川
現代の大井川はそれほど深くないように見える。

大井川の川原
ただ川原には大水で上流から根こそぎ流されて来たと思しき流木がそこかしこに倒れたまま半ば埋まっていた。




対岸の茶畑
対岸の丘の斜面はびっしりと茶畑で埋まっている。

今日これから上る金谷坂はあの丘の中にあるらしい。




旧東海道
橋を渡りきって堤の上を南に向かい、旧東海道が始まるところで堤を下りる。

すぐに「金谷宿川越し場跡」という案内板の建つ小公園に達する。

かつてはこの辺りまで川原だったらしく、このちょっと先に川越人足の詰め所などが建ち並ぶ河原町が形成されて金谷宿の一部となっていた。

河原町
現在ではひっそりとした住宅街になっている。




そこから少し歩くと元々の金谷宿に入る。

河原町ができてからはこちらを「金谷本宿」と呼ぶようになったらしい。

金谷宿
なだらかな坂道に商店が建ち並んでいて、宿場の色々な施設の跡地にはまめに案内板を建てて丁寧に説明している。




佐塚屋本陣跡
そのうちの一軒、「佐塚屋本陣」は現在「佐塚書店」になっていた。

中山道と東海道を歩いて色んな本陣跡を見て来た。

一番多いのは駐車場、続いて医者・金融機関というところだったように思うが、本屋というのは多分初めてだ。




金谷坂
その先旧道は東海道本線で分断されているので、ガードをくぐって再び旧道にアクセスすると一気に道幅は狭く、勾配も急になる。

金谷坂の石畳
交差する車道を横断するとすぐに金谷坂の石畳が現れる。




昼なお薄暗い
鬱蒼と生い茂る樹木で昼なお薄暗い山道を進む。

この石畳の石は球状に丸みをおびていて大そう歩きにくい。

足元から目が離せない。




その名前から、受験生に人気の「すべらず地蔵」を右に見て通り過ぎるとやがて樹木が途切れて空が広がり、茶畑の広がる平原に出る。

茶畑
12月の陽光の下、茶畑を左に見ながらアスファルトの旧道を歩く。




右側の「諏訪原城」を通り過ぎた所にある「こもれび」という山小屋風の喫茶店で昼食を取ることにする。

喫茶こもれび
思いのほか雰囲気のいい店でまったりとした時間を過ごした。




その後諏訪原城を見学したところで(2:30PM)、諏訪原城跡バス停で次バスの時間を見るとあと2時間近くもある。

僕と女房の二人だけなら迷わずこの先の小夜の中山峠を越えた先にある次のバス停まで4kmほど歩くところだが、娘と女房の兄貴はかなり疲れてしまっているようだったので、今日の東海道ウォークはここまでということにして、金谷駅まで歩いて戻った。

諏訪原城2015年12月30日

昼食をとった喫茶こもれびを出て、旧東海道を金谷方面に少し戻ると駐車場があってその脇に諏訪原城への入り口を示す案内板が建っている。

そして感心なことに入り口にはポスト状の物が建っていて、透明のフタを開くとB4三つ折のパンフレットが置いてある。

オールカラー印刷で縄張り図や写真もある。

お城を見る時にこの縄張り図があるのとないのとでは全然違う。

こんな風に現地で調達できるのは本当にありがたい。




外堀
城内に入ると巨大な堀に目を奪われる。

外堀
深さといい、幅といい、まるで地割れのようだ。

この弧を描いた堀が二の曲輪中馬出の跡らしい。

馬出というと単なる馬の出入り口くらいに思っていたこちらの認識を吹き飛ばす巨大さだ。




土橋
土橋を渡って二の曲輪に向かう。
外堀
橋の両側の外堀もかなりの迫力だ。




鹿
だだっ広い原っぱとなっている二の曲輪を歩いていると女房が鹿に気付いた。

そっちを見るとそれらしい哺乳動物がこちらに尻を向けて草を食んでいる。

人の気配で逃げ出さないところを見ると、かなり人間慣れしているようだ。




内堀
二の曲輪側の斜面は緩く、本曲輪側はほぼ垂直に掘られた内堀を土橋で渡って本曲輪に向かう。

入り口にこんもりとした土の盛り上がりがあって、ここに本曲輪虎口という標柱が建っているのだが、それにしては人が通る通路がない。

400年の間に埋まってしまったのだろうか。
本曲輪虎口跡
仕方なく土塁を超えて本曲輪に入った。




牧ノ原台地の端っこに造られたこの城は扇状の縄張りになっている。

その扇の要部分がこの本曲輪に当たる。

天主台地
中心に向かって土地が盛り上がっていて、そこに建てられた説明版には

天主台地

この城は山城であり天守閣はなく二層からなる矢倉(櫓)があり物見が常駐しており敵の動きを監視していた。


とある。

「天主」の表記は安土城だけではなかったか?

そもそも天守がないのになぜ「天主台地」なのか?

と疑問はあるが、ここに物見櫓があったのは本当だろう。




本曲輪の土塁
本曲輪周縁の土塁の上を歩く。

すると樹木が途切れて眺望が開ける。
本曲輪からの眺望
大井川はもちろん、駿河湾から伊豆半島までうっすらと望むことができる。

素晴らしい眺めだ。




諏訪原城は武田勝頼が高天神城攻略のための拠点として天正元年(1573)、馬場美濃守信房に命じて築いた城。

目論見通り高天神城は奪取したが、天正3年の長篠の戦いで敗れて家運が大きく傾くと家康の攻勢にさらされてその年のうちに落城。

家康はこの城を牧野城と改め、増強・改修を加えたため現在見られる遺構は武田と徳川が混在しているということだが、さすがにそれを見分けるほどの眼力はない。

だいいち徳川の城は今までに江戸城と駿府城くらいしか見てないんじゃないか。

天正10年の武田家滅亡に伴ってこの城の重要性も薄れて天正18年頃に廃城となった。




カンカン井戸
本曲輪から折り返し、内堀の中のカンカン井戸や城の名前の由来となった諏訪神社を見て二の曲輪大手馬出から城を出る。

見応え充分の城だった。

城内の樹木が伐採されていて見やすかった。

現在整備工事中のようだったが、その工事がこの城の生々しい魅力を損なわないことを祈りたい。

遺構残存度4巨大な堀や馬出が良好に残存
歴史的重要度4武田・徳川の争奪戦
景観4本曲輪からの眺め
案内充実度4入り口のパンフレット