<古東海道>沼部~池上本門寺2016年01月10日

1月の3連休、初詣は普段馴染みのない所にしようということになり、池上本門寺に行って見ることにした。

ただ行ってもつまらないので、古代の東海道(古東海道)を辿ってみた。

僕らが今家族で歩いている旧東海道は江戸時代に幕府によって整備された道。

それに対して古代律令国家の官道として制定された東海道を便宜上、古代の東海道とか古東海道とかと呼んでいる。

だから正確な道筋は不明だが、だいたいの見当はつくらしい。

今回僕らは荻窪圭『東京古道散歩』(中経の文庫)の比定するルートに従って沼部から池上本門寺までを歩いて見た。




東急多摩川線沼部駅を降りて線路の西側に踏み切りを渡る。

二つ目の角を右に曲がって南に向かう。

古東海道
これが古東海道だ。

ちなみに駅のすぐ西側は多摩川の土手で、往古はそこに丸子の渡しがあったと思われる。




六郷用水
すぐに新幹線のガードをくぐると古東海道は江戸期に造られた六郷用水路沿いの遊歩道になる。




道の左手は崖
道の左手(東)は崖のように切り立った壁面で、右手(西)は土地が下がっている。

多摩川に向かって河岸段丘を形成しているのがよくわかる。

またこの辺りは神社仏閣が多いらしく、そこらじゅうにそれらしい建物や緑を見ることができる。

これもここに古代からの集落があったことの証だろう。




ふと住居表示を見ると「田園調布」とある。

ああこれがあの有名な田園調布ですか。

なるほど閑静な住宅街だ。

さっきからお腹が空いたので昼食が取れる店を探しているのだが、民家ばかりで食べ物屋どころか物を売る店というものがまるで見当たらない。

この辺の人の生活ぶりは全く見当もつかない。




そんな田園調布を歩いていると東急不動産を批判したのぼりがたくさん立っている一角に行き当たった。

そののぼりの断片的な文句を繋ぎ合わせると、どうやらこの辺りで東急不動産の大きな建設計画があってそれがこの一帯の環境や景観を破壊するということらしい。

建設現場
すると左側に広大な建設現場が現れた。

どうやらこれのことらしい。




結局何ら食べ物にありつけないまま環状8号線にぶつかった。

すぐ近くにあったコンビニのイートインで昼食を済ませた。

この辺りの人、外食はどうしてるんだろう?




光明寺
昼食の後、光明寺に立ち寄る。

奈良時代創建の古刹で、境内には古墳や往古の多摩川の流路跡と言われる池があるそうだ。

荒塚
確かに5~6世紀の古墳である荒塚は何とか見つかった。

しかし何の案内や説明もなく、『東京古道散歩』の写真がなかればまずわからなかっただろう。

池などは見当たらなかった。

境内にそういう説明の類は全くなく、坊さんの姿も見えない。

一応お参りをしようかと思ったが、賽銭箱すらなかった。

今時随分とストイックな寺だ。




環8を渡ってまたしばらく六郷用水路沿いの古東海道を歩く。

路地
途中から車の通れない路地になる。

左側は崖のような斜面。




馬頭観音
国道1号線も超えて馬頭観音の前を通り過ぎる。

萬屋酒店
やがて萬屋酒店の交差点に差し掛かる。

池上本門寺
そこで左を向けば目指す池上本門寺が見えて来る。

さっきまで人通りもまばらな道を歩いていたのが一転して初詣客で賑わっている。

加藤清正が寄進したという石段を登るとここが武蔵野台地の端っこであることを実感できる。




初詣を済ませ、国道1号線を西馬込駅まで歩いて家路に就いた。

この先この古東海道を歩くかどうかは未定。