瀧坂道2017年01月04日

このところ我が家の初詣は都内の旧道を歩いて古刹を訪ねるのが恒例となっている。

今回は渋谷道玄坂と甲州街道を結ぶ「瀧坂道」を歩いて豪徳寺を目指す。



渋谷駅前
まずは渋谷駅のハチ公前に降り立つ。

目の前には渋谷109ビル。

完全に10~20代女性向けのファッションビルとなっている現在では想像できないだろうが、僕がスポーツ用品関係の仕事をしていた30年前はこのビルに野球メインのスポーツ用品店が入っていた。

恐らくは元々この地でスポーツ用品店を営んでいた地主がそのままビルに入ったのだろう。

ビルのティーンズファッション化が進むに従ってミスマッチも深刻化し、遂に倒産。

その時僕も商品を引き上げに行ったのだが、この経験が後に『手形が落ちない』という曲の元になった。



道玄坂
道玄坂を登りきると道玄坂の由来を書いた石碑と標柱が建っている。

そんな物に目を止める人など誰もいないが、それによると北条に滅ぼされた渋谷氏の一族の大和田道玄がこの地に道玄庵という庵を営んだのが始まりだそうだ。

瀧坂道入り口
右側の交番と、渋谷にしてはオシャレ度の乏しい床屋の間の細い道が瀧坂道だ。

神泉へ
すぐに静かな住宅街となって湾曲しながら一気に高度を下げる。

狭い道だが交通量は多い。

下り切った辺りが円山町で、東京電力OLが殺されたアパートはこのすぐ近くだった。

円山町
ここはかつて花街だったのが宅地化し、その生活圏をラブホテル群が侵食するといういびつな構造の街となっている。

ここで現代の怪談のような事件が起こった訳だ。



淡島通り
その後小さなアップダウンを繰り返しながら山手通りを超えて現代の淡島通りとなる。

三宿神社
さらに進むと左手に室町時代の多聞寺砦の跡があるというので行ってみたが、緑地公園と三宿神社があるだけで遺構らしき物はなかった。



右が瀧坂道
瀧坂道が淡島通りを右にそれるとすぐに環七に突き当たる。

その手前右のガストで昼食にする。



昼食後瀧坂道に戻る。

くねくねと進む瀧坂道
道は閑静な住宅街をくねくねと進む。

交差する何でもない路地に鎌倉街道の伝承があったりする。

世田谷城跡に寄り道して豪徳寺に入った。



豪徳寺
豪徳寺は井伊家の菩提寺である。

境内には桜田門外に斃れた井伊直弼の墓もある。

そのお墓の場所はわかりやすく案内されていた。



今年の大河ドラマは井伊直虎という人らしいが、それに関する物は境内には一切見当たらなかった。

真面目な寺だ。

<古東海道>沼部~池上本門寺2016年01月10日

1月の3連休、初詣は普段馴染みのない所にしようということになり、池上本門寺に行って見ることにした。

ただ行ってもつまらないので、古代の東海道(古東海道)を辿ってみた。

僕らが今家族で歩いている旧東海道は江戸時代に幕府によって整備された道。

それに対して古代律令国家の官道として制定された東海道を便宜上、古代の東海道とか古東海道とかと呼んでいる。

だから正確な道筋は不明だが、だいたいの見当はつくらしい。

今回僕らは荻窪圭『東京古道散歩』(中経の文庫)の比定するルートに従って沼部から池上本門寺までを歩いて見た。




東急多摩川線沼部駅を降りて線路の西側に踏み切りを渡る。

二つ目の角を右に曲がって南に向かう。

古東海道
これが古東海道だ。

ちなみに駅のすぐ西側は多摩川の土手で、往古はそこに丸子の渡しがあったと思われる。




六郷用水
すぐに新幹線のガードをくぐると古東海道は江戸期に造られた六郷用水路沿いの遊歩道になる。




道の左手は崖
道の左手(東)は崖のように切り立った壁面で、右手(西)は土地が下がっている。

多摩川に向かって河岸段丘を形成しているのがよくわかる。

またこの辺りは神社仏閣が多いらしく、そこらじゅうにそれらしい建物や緑を見ることができる。

これもここに古代からの集落があったことの証だろう。




ふと住居表示を見ると「田園調布」とある。

ああこれがあの有名な田園調布ですか。

なるほど閑静な住宅街だ。

さっきからお腹が空いたので昼食が取れる店を探しているのだが、民家ばかりで食べ物屋どころか物を売る店というものがまるで見当たらない。

この辺の人の生活ぶりは全く見当もつかない。




そんな田園調布を歩いていると東急不動産を批判したのぼりがたくさん立っている一角に行き当たった。

そののぼりの断片的な文句を繋ぎ合わせると、どうやらこの辺りで東急不動産の大きな建設計画があってそれがこの一帯の環境や景観を破壊するということらしい。

建設現場
すると左側に広大な建設現場が現れた。

どうやらこれのことらしい。




結局何ら食べ物にありつけないまま環状8号線にぶつかった。

すぐ近くにあったコンビニのイートインで昼食を済ませた。

この辺りの人、外食はどうしてるんだろう?




光明寺
昼食の後、光明寺に立ち寄る。

奈良時代創建の古刹で、境内には古墳や往古の多摩川の流路跡と言われる池があるそうだ。

荒塚
確かに5~6世紀の古墳である荒塚は何とか見つかった。

しかし何の案内や説明もなく、『東京古道散歩』の写真がなかればまずわからなかっただろう。

池などは見当たらなかった。

境内にそういう説明の類は全くなく、坊さんの姿も見えない。

一応お参りをしようかと思ったが、賽銭箱すらなかった。

今時随分とストイックな寺だ。




環8を渡ってまたしばらく六郷用水路沿いの古東海道を歩く。

路地
途中から車の通れない路地になる。

左側は崖のような斜面。




馬頭観音
国道1号線も超えて馬頭観音の前を通り過ぎる。

萬屋酒店
やがて萬屋酒店の交差点に差し掛かる。

池上本門寺
そこで左を向けば目指す池上本門寺が見えて来る。

さっきまで人通りもまばらな道を歩いていたのが一転して初詣客で賑わっている。

加藤清正が寄進したという石段を登るとここが武蔵野台地の端っこであることを実感できる。




初詣を済ませ、国道1号線を西馬込駅まで歩いて家路に就いた。

この先この古東海道を歩くかどうかは未定。

弘法山公園・吾妻山コース2013年10月13日

権現山展望台からの眺め
小田急線秦野駅から出発して、浅間山・権現山・弘法山・吾妻山を縦走する約7.5kmのハイキングコース。

権現山の展望台からは富士山、大磯の海、江ノ島などが眺められた。

それほど急な坂はなく、4歳の娘もどんぐりを拾いながら歩くことができた。

そしてゴールには鶴巻温泉の弘法の里湯という日帰り温泉施設がある。
至れり尽くせりだ。

電車で秦野に戻り、駅前のグランドホテル神奈中 秦野へ。

信玄棒道2011年06月04日

棒道の石仏
諸般の事情から当分は中山道も東海道も歩けそうにないので(決して自粛ではありません。念のため)、今回は武田信玄が信濃攻略のために作ったと伝わる「棒道」を歩いてみることにした。

バス停から見る南アルプス 新宿西口を8:20AMに出発した高速バスは、途中40kmの大渋滞に巻き込まれながらも12:14PMに中央高速小淵沢停留所に到着した。
本来であればJR中央線の特急あずさで小淵沢まで来て、そこでJR小海線に乗り換えて一駅の甲斐小泉から小淵沢方面に向かって歩きたいところだが、今回の旅行では「旅費をできるだ安くけ抑える」ということも重要なテーマなので、高速バスを利用してここ小淵沢インターチェンジから旧道に下りて甲斐小泉方向へ歩くことにした。
つまり反対方向だ。

富士山 バスを降りるとすぐにまだら状に雪が残る南アルプスを見ることができる。
2歳の娘をベビーキャリーmacpacポッサムに背負い、中央道のガードをくぐって北に向かう坂を上る。
前方には八ヶ岳。
雪は残っていない。
途中で振り返ると正面の南アルプスと左斜めの富士山を同時に拝むことができる。
残念ながら1枚の写真に収めることはできないが、素晴らしい眺めだった。

県道脇の遊歩道 道の駅こぶちさわで昼食を取り、1:50PMに再出発。
県道11号線の右側に遊歩道として整備された砂利道を歩く。
娘はポッサムに乗るのを嫌がるので歩かせてみることにした。
するとこれがよく歩く。
だらだらと続く上り坂を平気で上っている。
ただし道端の草や松ぼっくりなどにいちいち立ち止まるので、何とか気をそらしながら歩かせるのだがペースは一向に上がらない。
しまいには来た道を引き返そうとするので、もはやこれまでと女房が抱っこしてしばらく歩く。
2歳の娘は結局2km弱を自分の足で歩いた。

乗馬クラブ やがて北向きに上ってきたこの坂道が東西に通る棒道に突き当たる。
ここで娘を無理やりにでもポッサムに乗せようとすると、泣きわめき身をよじって抵抗する。
途方にくれかけたところに乗馬グループが通りかかった。
思いがけない一団を目の当たりにして娘がポカンとしている間に手早くベルト類を締めて無事背負うことに成功。
去って行く彼らの後姿は、インディアンに襲われる駅馬車を救った騎兵隊のように見えた。

木漏れ日の棒道 いよいよ棒道を歩く。
かつて戦国最強をうたわれた武田騎馬軍団が通った道である。
右手のゴルフ場はなるべく気にしないようにする。
やがてそのゴルフ場も途切れて森の中の1本道となる。
岩がゴツゴツと露出した古道に木漏れ日がまだら模様を描いている。
雰囲気たっぷりだ。

馬のヒヅメの跡 ところどころに道がえぐれてぬかるんでいる箇所がある。
これはどうやら馬のヒヅメの跡らしい。
よく見ると茶色いゴルフボールのような馬糞も転がっている。
乗馬クラブでは馬糞の処理はしないらしい。
しかしたかが乗馬クラブでこれだけの馬糞が出るのだ、これで騎馬軍団なんぞが行軍した日にはどうなることか。

南アルプスと再会 棒道は現在ハイキングコースとして整備されており、要所要所に案内表示もあるのだが、それがいずれも甲斐小泉方面から小淵沢方面へ歩く人向けに設定されているので、反対方向に歩く僕らには少々判りづらかったりする。
それでも徐々に別荘らしき民家が道の右側に現れるようになり、森を抜け出して舗装道路に出る。
視界が開け前方の南アルプスと再会する。

三分一湧水への遊歩道 小荒間口留番所跡を過ぎ、JR小海線のガードをくぐると棒道は田園の遊歩道となる。
正面の南アルプスを眺めながら気分良く歩くと道は林の中を通って三分一湧水に達する。
これは一つの水源から水を3等分して下流の集落に公平に行き渡らせる仕組みらしい。
今も水が沸き続けている。

小荒間古戦場跡 これで本日のウォーキングは終了。
今宵の宿へと向かうタクシーを拾おうと甲斐小泉駅に向かって歩く途中、道の左手に思いがけず「小荒間古戦場跡」を見つけた。
天文9(1540)年に信濃の村上義清方の軍勢3500余を信玄が追い払った合戦があった場所で、信玄が座ったという「御座石」などが残っている。
天文9年といえば父・信虎を追放する前年である。
それから8年後、信玄は同じ村上義清に手痛い敗戦を喫することになる。
こんな史跡が道端に何気なくあるところが、歴史ある土地を歩く楽しさだ。

鎌倉を歩く2010年10月23日

大仏ハイキングコース
鎌倉高徳院の大仏 江ノ電のレトロな車両を長谷で降り、反対側ホームのトイレで娘のオムツ替え。
改札を出て、海とは反対方向に歩き出す。
通りにはやたらと喫茶店が多い。
紫陽花で有名な長谷寺は門前を見ただけで通り過ぎ、その先の高徳院の大仏を拝観。
屋根のない屋外に座す野趣あふれる大仏には今日の青空が良く似合っている。

大仏ハイキングコースの入口 高徳院を出て右に進むとトンネルの右脇に石段があって、それが“大仏ハイキングコース”の入口だ。
石段が終わるとかなり急な山道となる。
しかも所々表面の泥がヌルヌルした状態になっていて、子供を背負った状態ではちょっと怖かったりする。

大仏ハイキングコース 道は少し平坦になったかと思うとまた急に上ったりを繰り返す。
樹木が鬱蒼としていて昼なお薄暗い。
反対方向からは色んな人達が歩いて来る。
普通にハイキングを楽しむ家族連れ、西洋人、急な坂を自転車をかついで下りる人。
僕らの前を行くおばちゃんグループは「誰それの旦那さんがどうのこうの」といった喫茶店でするような会話を延々と続けながら歩いている。

海の見えるポイント 山道を抜けると高級住宅地となる。
途中小さな橋の上で右手の樹木が途切れて視界が広がり、海を見渡せるポイントがある。
しばらく眺めていたかったが、先着の夫婦がずっとタバコを吸っていたのでそそくさと立ち去った。

銭洗弁財天 急坂を下ると銭洗弁財天の前に達する。
岩にあいたトンネルを抜けると鳥居が並び、その先に社があって、そこでまず線香とロウソクを買い、祠にお供えする。
そして突き当たりの山の岩肌に開いた風穴に入る。
奥に水が流れていて、さっきのザルを使ってお金を洗うと何倍にもなって帰って来るという俗信があるらしい。
我が家では女房が代表して500円玉を洗ったが、周りを見ると1万円札を洗っている人が結構いた。

また境内に、父親がDEUTERのベビーキャリーで子供を背負っている家族連れがいた。
その父親と一瞬目が合い、連帯感と敵愾心が複雑に入り混じった感情の交感があった。

源頼朝像 さっき下った急坂を上って源頼朝の銅像がある広場で昼食。
後から来た家族連れの子供がその銅像を見て
「あっ、大仏だ」
と喜んでいた。

化粧坂 広場を出るとすぐに化粧坂だ。
山を防御壁とした鎌倉はその出入り口をわざと狭く険しい切り通しの坂に設定した。
その名残である現在の化粧坂はなるほどとんでもない悪路だ。
勾配が急な上に岩やら木の根っこやらで足の踏み場にも苦労する。
これでは馬も難渋しただろう。

鶴岡八幡宮の大銀杏 閑静な住宅街を抜けて観光客でごった返す鶴岡八幡宮へ。
古都鎌倉の中心地であり、もしかしたら僕の最も好きな歴史上の人物かも知れない鎌倉三代将軍源実朝が暗殺された場所でもある。
その暗殺犯・公暁が身を隠して待ち伏せしたという伝説のある大銀杏の古木が今年3月10日の強風で倒れたというニュースは記憶に新しい。
今日訪ねてみると根元から3mほどで切断した幹から無数の芽が吹いて葉が生い茂っている。
脇には「がんばれ大銀杏」という寄せ書きもあった。
(今鶴岡八幡宮のHPを見たところ、倒れた木の切れ端を「大銀杏 木霊」として1個800円で販売中とのこと)

八幡宮を後にして小町通を駅方向へ歩く。
車の通らない道の両側に色んな店が建ち並ぶ、旧軽井沢銀座を思い出すような観光客にとって楽しい通りだ。
ところがここでコーヒーでも飲もうと入口をのぞいた喫茶店ではコーヒー1杯600円。
何軒か見て回ったがどこも600円を下らない。
小町通はデフレとは無縁らしい。
仕方なく店先にメニューを出してない店に入り、1杯650円のコーヒーをありがたく頂いて鎌倉駅に向かった。